ワイドナショー【高校生らしくない】

昨日のフジテレビ ワイドナショーにて、
高校野球の話題が取り上げられていた。

「超スローボール」に、「大差で勝ってるのに盗塁」、の件が賛否両論というもの。

これに対し、コメンテーターの山口 恵以子さんが言ったコメントが洒落ていた。

「こういうニュースで思い出すのは、
昔、星陵高校時代の松井秀喜が5連続敬遠を相手チーム(明徳義塾高校)にされたときのこと。
当時、メディアはこぞって【高校生らしくない】と報道したが
私は腹が立った。
だって、高校生らしくないのは松井秀喜だもの。」

みたいなコメント。
視点がおしゃれだなぁ、と(笑。

さて、高校野球もあとは決勝戦。
精一杯頑張ってほしいものです。

1つの青春を終えると、次はバイトでお小遣い稼ぎかな?
受験勉強かな?
どちらにせよ、第二の青春を謳歌してもらいたいものである。

 

バイトは新しい友達との出会い

高校生の頃、登録して短期アルバイトを紹介してもらったこともあります。

一日だけの仕事ですが、化粧品の箱詰めを流れ作業で行います。
一つのラインに多分パートのベテランの方たちに混じって
所々にバイトが入ります。
確かに仕事は難しくないですが、やはりベテランの方々からみると
ノロノロしているように感じるようで、ため息をつかれ少々辛かった
です。

そんな中での仕事でしたが、初めて会った同じくアルバイトの方が
こんな割りのいい仕事はないとか、お昼を一緒に食べようとか誘って
くれて
、そんなことが嬉しかった短期バイトの思い出です。

家電製品組立バイト

短期で時給もそこそこ良く、高校生の夏休みに一気に稼げそうなバイトを
見つけました。
それが家電製品の組立アルバイトです。
駅から専用のバスに乗って工場へ出勤します。
従業員全員で準備体操をした後、
それぞれの担当のコンベアーの前に立ち始業のチャイムを待ちます。
チャイムが鳴るとコンベアーが動き始め、作業する部品が流れて
きます。
ひたすら自分の担当する作業を続けます。
作業に失敗したり遅れたりするとコンベアーが止まって
他の人にも迷惑がかかるので、集中して行います。

短期で働きたいなら登録派遣がベストです。

短期バイトを探す場合は、年末やバレンタイン、クリスマスなどの
イベント時期が狙い目だと思います。
通常の業務では追いつかない分の人手をその時期だけ確保したい
会社が多いので、求人広告でも短期の募集が多くなります。

しかしイベント時期に関係なく、自分の時間が開いた時にだけ働きたい
のであれば、やはり日雇い派遣の会社に登録するのがベスト
だと思います。
これなら煩わしい面接も履歴書の提出もなく、
運転免許証などの身分証明証と印鑑を持って登録に行けば、
働きたい日の前日に紹介してもらえ、
一日から一週間ほどの期間で働くことができます。
時給も通常のアルバイトより割高で、今なら通勤費も出るところが多い
ので、高校生・学生の方や副業を探している方には人気です。

主にインターネットで探しています

短期バイトをしたい場合、私は専らネットで情報を集めています。
昔はアルバイト情報誌を購入したものですが、
最近は大手情報会社が出しているwebサイトで同じように探すことが
できますので…。
ただし、短期バイトは競争率が高いもの。
募集開始日・時間に応募が殺到しますので、ここで出遅れない事が
肝心です。
他に利用している方法は、スマートフォンで登録できる
お手伝いサイトを利用することです。
こちらは突発的に人手が欲しいお店・会社が情報を載せ、
それに働きたい人が応募するという形式です。
継続的なお仕事はありませんが、ちょっと5000円程稼ぎたい、
などという時には便利です。

短期アルバイトを探すコツ

1年間海外留学へ行くことになったのですが、
渡航まで3ヶ月間あったため少しでもお金を貯めたかったので
短期のアルバイトをすることにしました。
求人情報やネットでいろいろ探したのですが、
短期となると自分の要望にかなったものがなかなか見つからず、
周りの人たちに相談すると居酒屋のバイトを友人から紹介されました。
私の知り合いのお店だったため融通がききやすく、
とても働きやすかったです。
こうした、短い間だけこちら側の状況をわかってくれるような働き口を
見つけたい場合は、
自分の周囲に「自分は今アルバイトを探している」ということを話して
おくと情報源が広がり、一番の近道ではないでしょうか。